僕らの現実非日常?

誰かこのロマンティックを止めてくれ

最近の話

地球上で最も頭の良い生き物

人間、地球上で最も頭の良い生き物だ。頭が良いが故に、時にミスをする。そしてそれを怒ったり、あるいはミスをして恥ずかしがるという感情も持ち合わせている。そう、我々こそが地球上で最も頭の良い生き物なのだ。耕平(みつを風に) 出発の電車の時間を友一…

夢を見ることは、良いことだ

俺はあれ以来、ほとんど絵を描いていない。そんな中池田は黙々と絵を描いている。何かに取り憑かれたかのように、絵を描いている。そして自然と画力も上がっている。 りょうが「日に日に上手くなってきているな」 板前と言うハードな仕事をこなしながら、池…

LIVE参戦

飼い犬に引っ張られるがまま、散歩をする。俺はこいつを散歩してやってるつもりでいるが、この犬はもしかしたら俺を、いや俺たちを散歩してやってるつもりでいるのかもしれない。 りょうが「お前んとこの犬もなかなかバカそうだよな」 りょうがのところに犬…

夢の意味

目を開け、時計を見ると朝の6時。最近空気が乾燥しているためか、はたまた寒いというのに窓を開けて寝ているのが原因かは不明だが、喉をやられている。起きてすぐに、"炭酸が飲みたい"そう思い自販機へ向かう。朝からウォーキングをする近所のおじさんに話し…

Aだと思ってたらBだったみたいな話

居酒屋にて、トイレから戻って来たりょうがが座りながら言う。りょうが「そういえば俺さ、ビデのことずっとヒデだと思ってたんだよね」トイレにあるボタン、りょうがはそれをヒデと思っていたらしい。池田「下から水が出てくる現象をヒデと言うとでも思った…

芸術の秋

少し前に、池田が絵を描きLINEに載せたのが始まりだった。1枚の写真とともに、暇だからお絵描きしていたと絵が送られてくる。 この時、特別盛り上がりは見せなかった。友一や俺が、意外と上手に描いた絵を見て適当な感想を述べた程度だった。絵とは無縁の生…

秋の風、あっ秋ですね

自分がわからないこと、不思議に思うこと、違和感を感じること、そう言うものがわかった時、スッと体を突き抜けるような風が吹く感覚になる。それが自分の知恵とか思考とか、自分に備わってるものだけでわかった時はより強力、寒くなるくらいの冷たい風が体…

どんななものだって、色を変える

俺がまだガキの頃、それは行われた。確かアメリカだったかな、その辺に住んでいた子どもたちが日本に来日し、ハロウィンパーティーが開かれた。その子どもたちと交流するのが、当時英会話を習っていた俺を含む子どもたち。当たり前だが、向こうは日本語知っ…

君の知らない物語

ちょっと古いけど"君の知らない物語"って歌がある。supercellのファーストシングルかな?この曲出す前から好きで、俺の中では今話題の米津とかまふまふの、先駆者って感じがする。知らない人少ないと思うけど、もし聴いたことないようなら是非1度聴いてほし…

スルーパス

今更感があるが、日本がワールド杯の切符を手にした。最近、サッカーに対する熱はほとんどないがそれでも嬉しい。選手はサポーターの応援あってこそと言うが、そんな事はない。国民の期待を背負い、プレッシャーの中掴んだ切符。サッカーっつーのは、と語れ…

怖い話をしていると、霊は寄ってくるのだろうか

ラーメンを食べ終え、車へ乗る。もう日付が変わりそうな時間。天気は雨。そんなシチュエーションの中、友一が低いトーンで語り出す。 友一「この前さ、彼女と出かけたんだけど、ホテルで寝てる時、夜中に彼女が目を覚ましたんだって。それでね、入り口を見た…

カップ麺が出来上がる3分間

やかんいっぱいに入れたお湯が、音を鳴らし沸騰を知らせる。友一が立ち上がり、キッチンへ向かう。慣れた手つきキッチンの電気をつけ、慣れた手つきで火を消す音が聞こえる。ここは俺の家だ。腹が減ったと言うことで、うちに向かってきている友一に食べるも…

これが友情パワーだ!!

友一「みんな!海行こうよ!」 いつものようにハイテンションな友一がLINEのグループに投稿する。友一、彼は提案はするものの、結局具体的な予定はいつも俺か池田が立てる。その上に、日程を調整する際にいつもギリギリまで空いている日を言わない問題児だ。…

死にそうになった話

池田が見つけた小洒落た居酒屋にてお酒を嗜む。俺と友一と池田は休みがよく合う。そして仕事終わりのまま、スーツを着た泰一も合流した。割と静かな店内、女性客が目立つ中、もうあと数年でおじさんと呼ばれる俺らは店には似合っていなかった。いつも通りの…

童貞の何が悪い

波に揺られ、強い日差しを体全体で感じている。手を広げ、足を広げ、閉じているのは瞼だけである。隣ではイカダまでカナヅチの池田とりょうがを浮き輪に乗せ引っ張って来たにも関わらず、元気に話す友一がいる。当たり前であるが、池田とりょうがは体力が有…

ゴキブリが現れた

外に出るだけで汗を掻く時期、いつものように泰一の部屋でくつろぐ。快適な部屋だ。泰一の母親がジュースを持って来てくれる。ごゆっくり、と笑顔で言い、仕事に向かった。いただきます!と友一。漫画を読んでいる泰一、ゲームをするりょうがと友一。暑い夏…

誰かー、デリカシー貸していただけませんか?

りょうがが仕事を終えたと言うことで、2人でiPhoneのアプリでマルチプレイをしていた。山から見える湘南の海を眺め、もうすぐ海開きだな、なんてことを思っている。神奈川の海はさほど綺麗ではないが、海開きになるとサーファーやらで賑わう活気のあるところ…

最大威力の技”だいばくはつ”

無言が続く車内。 池田との休みが合い、久しぶりに出かけることになった。途中、お昼ご飯をじゃんけんで負けたやつのおごりにしようぜ、と、りょうがが提案し、見事にりょうがが負ける。そして機嫌を悪くするりょうがであった。 ちょっと休憩するか。そう言…

そうだ、買い物に行こう

最近ブログを書く度に気になることがあった。それがキーボードのエンターの感度。感度って言うとまた少し違うのかもしれない。噛み合わせといったほうがしっくりくる。押しているのに引っかかる感じがし、どうも気になった。 このキーボード、かれこれ4,5年…

彼はおもむろに、ルービックキューブを取り出した

前々回書いた同級生たちとの飲み会の内容です。 自慢の友 - 僕らの現実非日常? 1軒目とは異なり、賑やかなお店へ入った。友一があそこの店は女の子がホットパンツなんだよ!だから行こう!と、言い出す。それに対し泰一が行くしかない、と言い謎の結束がで…

自慢の友

人との繋がりって良くも悪くもどっちかが死なない限りは続くものだと思っている。そんな繋がり、どうせあるなら悪いものじゃなくて良いものにしたい。 電車がきた。携帯をポケットへ入れ、電車を眺める。徐々に止まろうとする電車。動いているはずの電車の中…

想像、妄想、いや違う

想像力がなければ、怖いものはない。シャーロック・ホームズの著者であるコナン・ドイルの名言の1つである。同様に想像力がなければ楽しさなり嬉しさっていうのも半減してしまうのかな。逆に言えば、想像力を持つことにより、普段やることでも、いつもより楽…

その一瞬、感じるものは大体気のせい

大人になって久しぶりに会った小学生の頃の同級生とか、その当時の顔と比べてもなんとなく面影が残っているから分かる。成長してもやっぱり分かる。整形でもしてない限りはね。その面影に似た感じで、ガキの頃からの癖っていうか何ていうか、変わらないもの…

可愛くないとかタイプじゃないって遠回しに言うなら何が良いの?

珍しい人から連絡が来た。高校の時の1つ上の女の先輩からだ。元気にしてる?と言う些細な一言から始まった。俺は先輩との共通の友人、俺からすれば先輩の、結婚式かなんかの話だと思い、すぐに返信をする。しかし話は思わぬ方向へ進んだ。どうやらその先輩の…

勝つためには

友一と外でアイスを食べているとゲームセンターの中から池田が手招きをする。食べ終え、中に入るとりょうがが無言でクレーンゲームを指差す。 耕平「取れ、と?」 無言で頷き、俺をクレーンゲーム手前まで導く。100円のクレーンゲームの商品はじゃがりこ3つ…

俺の知っている勇者はこんなんじゃない

最近ではスマホの普及から様々なアプリ(ゲーム等)が増えている。ネット上でも様々な攻略サイトがあり、ガキの頃にあった攻略本なんて言うものはもはや死語になりつつある。のではないだろうか。俺たちもそれなりにゲームを楽しんでいる。 そんな中、今回挑…

優しさの実践

GパンにTシャツの友一。片手にはアイス。スキニーにパーカーのりょうが。スキニーにセーターを羽織る俺。3月中旬の話だ。 田舎のデパートで外人と店員さん、パートのおばさんであろう人が何やら話している。田舎であるため老人が多く、店員も英語スキルなん…

バカを一括りにしてはいけない

ガストへ到着し、急いでトイレへ向かうりょうが。池田「ピザって10回言って」 友一「ピザピザ…」指を折りながら言うもなぜが13回言う。2秒以内に答えろ、と言った後に質問をする。 肘を指差しながら、池田「ここは?」 元気よく返答友一「ガスト!」耕平「そ…

たまにはお好み焼きよくね?

月1回開かれている食事会、3月は前日にお好み焼きが食べたくなり、道頓堀へ集結した。 牛角の看板を目印に道路を挟んで反対側にある。小さい看板のためわかりにくい。 集合時間に対し大幅な遅刻をした俺と友一は、先についているりょうがと池田へ申し訳ない…

パソコンが使えない若者が増えてるって本当?

先程、Yahooニュースにて「PC使えない学生増」と言う記事を見かけた。どうやらスマホの普及により、この問題が発生しているようだ。 大学生の頃、後輩の女の子がレポートをスマホで書いていると言ったのを思い出す。 ・・・考えられるだろうか。スマホのが早…