読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らの現実非日常?

こーへえと仲間たちの日常

パソコンが使えない若者が増えてるって本当?

 

先程、Yahooニュースにて「PC使えない学生増」と言う記事を見かけた。どうやらスマホの普及により、この問題が発生しているようだ。

大学生の頃、後輩の女の子がレポートをスマホで書いていると言ったのを思い出す。

 

・・・考えられるだろうか。スマホのが早いと言う・・・。タイピングが人並みにできるのであれば圧倒的にパソコンのが早いであろう。いや人並みというと現代では語弊が出てくるかもしれない。俺並み、と言うと自惚れているように聞こえてしまう・・・。

 

まぁそれは置いておくとして、俺個人的な意見としては、パソコンとスマホは使い方が違うと思う。ちなみにブログはパソコンだ。パソコンのが早いでしょ・・・w

 

 

パソコンが使えないと聞いて、俺は中学生の時の話を思い出した。

 

 

 

中学生の時は週に1回パソコンの授業があった。当時は既にそこまで珍しい代物ではなかったが、中学生がパソコンを使うなんて遊ぶときだけでしょう。それ故、みんなテンションが上がっていて俺も楽しみの授業のうちの1つだった。

 

その授業で、パワーポイントを使って自分の決めたテーマについて発表するという、大学生さながらの内容のものがあった。

 

俺はつぶあんについて書き、発表した記憶がある。なぜつぶあんなのかできることなら当時の自分に聞いてみたい。

 

順番に発表をしていき、1人の女の子の番になった。

 

自分で書いた記事の開き方がわからない生徒も多い。そりゃ遊びでしか使わないもんね。その都度、先生が丁寧に誘導する。

 

その女の子もそのうちの1人だった。

 

先生が誘導する。

 

 

先生「まずはマイコンピューターをダブルクリックして」

 

その女の子が操作する画面が俺らの画面にも映る。

 

マイコンピューターの場所に矢印が向かうが、その先のダブルクリックがない。

 

 

先生「ダブルクリックだよ!」

 

 

女の子「・・・」

 

 

先生「かちかちって左のボタン押すやつ!」

 

 

しかし女の子は中々ダブルクリックをしない。

もしかすると発表が恥ずかしくなってしまったのだろうか・・・。だとしたら俺のつぶあんの発表は恥ずかしいどころの騒ぎではなくなるぞ。

 

 

女の子「あの・・・」

 

ようやく声に出す。

 

 

先生「どうした?」

 

優しく生徒の元へ駆け寄る。

 

 

女の子「ダブルクリック、できません」

 

 

いやなんでやねん!!

 

 

よくよく思い返してみると、静まり返った教室にカチッ、、カチッ、、とクリックする音が響いていた。

 

それは彼女から出る効果音だったのだ。

 

言われてみると、高速で2回クリックするのは難しいのかもしれない。特に力のない女の子にとっては結構な労力なのかもしれない。当時はそう思ったが、今まで生きてきて、ダブルクリックができない人は彼女しか見ていない。

 

 

今の若者もパソコンが使えないのか。まさかとは思うがダブルクリックはできるよね・・・。

▼よろしければどうぞ▼